The Funky Guitar Groove

BLOG

October 2016




DISCOGRAPHY

BIOGRAPHY

Iwao Ochi

(guitarist, composer, producer)

Born in Japan, 1971.
Iwao Ochi grew up in Toyohashi, Aichi.
He started to play rock guitar at age 13.
Gradually, he concentrated on black music and moved to Chicago in 1992.
For the same year, he saw a Jimmy Smith perform with Kenny Burrell at Chicago Jazz Showcase.
It was the first jazz show he looked at, and It was shocking to him.
He got involved in jazz, then he moved to NY.
He studied jazz guitar with Satoshi Inoue, Peter Bernstein and Vic Juris at Mannes College of Music, NYC.
In 1997, He recorded demo with Sam Yahel(org) and Joe Strasser(ds).
Then go back to Japan, He started his music career. He is performing at jazz club in Tokyo (mainly Organ Jazz Club, Body&Soul, Alfie).
Simultaneously, by the club music of the 90s, he is affected and began to create electric music.
He created a lot of Japanese TV commercial music(SkyPerfecTV, FOXch, DISCOVERYch, ANIMAL PLANETch) and remix tracks.
In 2005, His electro jazz band grooB-3 released debut CD [Floating on your silence] and 12″EP[Gypsy Session].
In 2008, his new instrumental hip hop band Speaker Sgt. joined compilation CD [MAN MACHINE] as [THE NUMBER SONG/CUT CHEMIST PARTY MIX].
In 2010, 1st album [Speaker Sgt.] was released.
In 2011, 2nd album [FREAK -THE OTHER SIDE OF FUSION-]was released.
He had played with KANKAWA(org),James Mahone(ts), Cecil Monroe(ds),Ko Shimizu (b),Taiga Onitsuka(ds), Norio Maeda(p), Keiji Kishida(ds),Tsuyoshi
Yamamoto(p),TakashiI Mizuhashi(b),Gregg Lee(b),Philip Woo(p),John Blackwell(ds) and more!

 

越智巌

(ギタリスト、作曲家、プロデューサー)

愛知県豊橋市出身。
13歳からロックギターを始める。92年ブラックミュージックを追求すべく単身渡米。
シカゴからNYに移りMannes Music Collegeのジャズプログラムでジャズギター及びアンサンブルを専攻しPeter Bernstein(g)、Vic Juris(g)、井上智(g)等に師事。
Sam Yahel(org)、Joe Strasser(ds)と制作したデモテープを手に97年帰国、東京を拠点に活動を始める。
KANKAWA(org)との演奏及び制作、プロデュースといった活動で注目を浴び日米を代表する重鎮ミュージシャン達と演奏を重ねる。
東京エリアのジャズクラブを中心に自己のトリオ、コンボ等で活動すると同時に90年代のNYのクラブシーンの洗礼をリアルタイムで受けた影響からエレクトロミュージックに傾倒しトラック制作を開始。
2005年クラブジャズバンド創成期に独創的エレクトロジャズバンドgrooB-3でデビュー。ソロ活動としてアーティストのライブサポートやスタジオワークの他数多くのCM音楽、リミックス作品を手掛ける。
代表作品としては全曲アレンジ、ギターで参加したOLIVIA ONGの「a girl meets bossanova」(2005年)が2万枚のスマッシュヒットを飛ばす。
2006年にインスト・ヒップホップバンドSpeaker Sgt.(スピーカー・サージェント)を立ち上げ、2008年にコンピレーションCD「MAN MACHINE」に参加。
2010年4月にデビューアルバム「Speaker Sgt.」2011年7月にセカンドアルバム「FREAK! THE OTHER SIDE OF FUSION」をP-VINE RECORDSよりリリース。

PROJECT

iwaoochitrio

IWAO OCHI TRIO

His Regular Jazz Combo

Members are Iwao Ochi(g), Naoto Nishikawa(org), Kazuaki Yokoyama(ds) or Iwao Ochi(g), Ryoichi Zakota(b), Daisuke Yoshioka(ds).

speakersgt

Speaker Sgt.

Instrumental Hip Hop Jazz band

Members are Iwao Ochi(g), Shigeki Umezawa(b), Daisuke Sato(ds)

chad

PRODUCTION

Compose, Arrangement, Track Make, Remix

Iwao Ochi is making tracks in his own studio.

TV/CM音楽作品

2002年
スカイパーフェクTV「X-Files」番組スポット
2004年
コナミ「02シリーズ」CM
2006年
Discovery Channel
東京電力「エコキュート」
「サイエンスグランプリ」
SONY「VAIO TYPE A」
「VAIO TYPE L」CM
2009年
財団法人JKA CM「夢への補助輪」
NIKKEI CNBC 番組オープニング「TOKYOマーケットウォッチ、中国株式Flash、デリバティブマーケット、クローズアップサマリー、エコノWOMAN、NETWORK海外特集、
経済闘論、政治闘論、ヴェリタストーク、
ヴェリタスディクショナリー」Animal Planet Channel 番組スポット「動物検定慶応義塾幼稚舎、
ミーアキャット、ジャパンキャットアイドル、
オランウータン幼稚園」
2010年
Discovery Channel 番組音楽グリーンカレッジ、JAXA特番
2011年
Discovery Channel 番組音楽戦争の記憶、
コズミックカレッジ、JAXA特番

CONTACT

iwaoochi.com